AKS療法Ⓡで手術なしで改善

*脊柱管狭窄症とは

                                    画像1

 

股関節の屈曲→骨盤前傾→腰椎過前弯により

脊柱管が狭くなっている状態です。

 

・脊柱管狭窄症と診断されて数ヶ月も経つが全く痛みが改善しない

・シップ、痛み止めの薬を飲んでいるが全く効果がない

・ロキソニン、リリカ、オパルモンという薬を処方されたが改善しない。

・神経ブロック注射をしたが全く改善しない

・整形外科で最終的に手術をするしかないと言われた

・脊柱管狭窄症の手術をしたが痛みがぶり返してきた

 

このような原因の85%が「関節」の機能障害です

  

・寝返り時の痛み

・歩き始めからの痛み

・夜寝ている時の痛み

・立ったり座ったりする時の痛み

が、何か月も改善されないのは関節のセンサーのはたらきがいつまで経っても改善されていないからなのです。
この状況では、神経への圧迫を取り除く手術をしても意味がないですよね!
AKS治療はそもそも『関節』が原因の痛みに対して驚異的な効果があります。

関節に問題がある場合、一回の関節の施術で85%の方が2週間以内に[普通の生活]を取り戻しています^^

 

*施術の流れ

・初回

問診⇒関節の可動域の検査⇒関節ファシアリリース

⇩ 2週間後関節の症状が改善   寝返り、動き始めの痛みが改善

・2回目

問診⇒関節の可動域の再検査⇒筋肉の可動域検査し原因を突き止める⇒筋細胞ハイドロリリース⇒セルフケアの提案、アドバイス

・3回目

問診⇒筋肉の可動域検査⇒筋細胞ハイドロリリース⇒*まだ取り切れない痛みがある場合は神経ブロックリリース

 

*4回目以降のメンテナンスを希望される場合は「ポレポレ整体」で対応します^^

 

 

脊柱管狭窄症手術の場合           AKS療法Ⓡ      

入院日数 10~21日           入院日数0

手術料の相場 1,000,000円          事故リスク0%

治る確率は約20%                   次の日から動ける