X脚の原因とは

「まっすぐ立って膝をくっつけた時に、足首が離れてしまう」といった方はいらっしゃいませんか。
そのような状態を「X脚」と呼び、体の不調を引き起こす原因と言われているんです。
そこで今回は、X脚の原因について詳しくお話しいたします。

X脚の原因

まっすぐに立った時に太ももや膝はくっつくのに、ふくらはぎやくるぶしが離れてしまうのがX脚です。
X脚になると血行が悪くなるため、むくみの原因となったり疲れやすくなってしまったりします。
また膝に負担がかかるため、膝を痛めてしまう恐れもあるんです。
では、X脚になる原因について見ていきましょう。

姿勢や歩き方

ちょっとした日常の立ち方や歩き方の癖で、徐々に骨格や関節が歪みんでしまうのがX脚の原因です。
特に骨盤が前に傾いていると、関節が内側に向きやすくなるためX脚になってしまいます。
X脚になりやすいのは、次のような姿勢です。

・横座り
・脚を組む
・頬杖をつく

筋力・柔軟性の不足

脚の筋力や柔軟性が落ちてしまうことも、X脚の原因の一つです。
脚をまっすぐ伸ばすための筋力が不足している状態で、柔軟性が欠けることで膝が内側を向いてしまいます。

ケガや疾患

骨の疾患やケガによる後遺症で、X脚になることがあります。
このような場合はセルフケアでの改善は難しいため、専門医で診察を受けましょう。

まとめ

X脚になる原因は、筋力や柔軟性の低下が挙げられます。
また歩き方や姿勢などの日常的な癖で骨格が歪むことで、X脚になってしまいます。
身体の歪みが気になるという方は、ぜひ『整体ポレポレ』にご相談ください。
個室をご用意しておりますので、リラックスして施術を受けていただくことができます。