ぎっくり腰になった時の対処法

ぎっくり腰になると痛みが強いうえに、長引くことが多いので辛いですよね。
発症後すぐに正しい対処をすることで、症状が早く改善する可能性があります。
今回は、ぎっくり腰になった時にどう対処するのが正しいのかについてご説明します。

ぎっくり腰になった時の対処法

ぎっくり腰になった時は、適切な対処を行うことが大切です。

発症直後

発症直後で痛みが強い間は無理をせず、安静にしましょう。
膝を曲げて横向きに寝る体勢や膝の下にクッションを入れた状態で仰向けに寝るなど、無理に体を動かさずに休めて下さい。
痛みが強い時は、筋肉が炎症を起こしているので患部を冷やすと効果的です。

痛みが軽くなってきたら

痛みが軽くなり動けるようになったら、徐々にストレッチを始めましょう。
長期間寝たままの状態でいると、周りの筋肉が一緒に硬くなってしまいます。
筋肉が固まってしまうと、ぎっくり腰の回復が遅くなる恐れがあるんです。
これを防ぐために「動けるようになってきた」と感じたら、少しずつストレッチすることが大切です。

まとめ

ぎっくり腰になった直後は無理に体を動かず、安静にすることが大切です。
痛みが強い場合は、冷やすと効果的です。

痛みが軽くなり動けるようになったら、少しずつストレッチを取り入れることで回復を早めることができますよ。
「整体ポレポレ」では、常に研究をしながら患者様に最適な施術を行っております。
健康や美容に関するお悩みがある方は、ぜひお越し下さい。