スマホ姿勢によるトラブルと改善法

近年、スマホの普及により姿勢が悪くなり「スマホ姿勢」になっている方が増えています。
長時間スマホを使用すると、首の痛みや肩こりなどトラブルが起きるので早めに対処することが大切です。
そこで今回は、スマホ姿勢によるトラブルと改善法についてご紹介します。

スマホ姿勢によるトラブルとは?

スマホ首

スマホ首は、首が前に突き出している状態のことで「ストレートネック」とも呼ばれています。
ストレートネックになると、頸椎に負担をかけてしまい肩こりや頭痛、めまいなどを原因となるので気をつけましょう。

スマホ巻き肩

スマホ巻き肩とは、両肩が前方にでて体が内側に巻いている状態のことです。
そのまま放置すると、胸の筋肉が縮こまり、胸を圧迫して複式呼吸が難しくなります。
結果、普段より疲れやすくなり血流や代謝が悪くなるのです。

スマホ姿勢の改善法

肩ストレッチ

ます、両手でタオルを掴み、頭の上にまっすぐ伸ばします。
次に、息を吐きながらひじを曲げて、タオルを背中側に下げるのです。
タオルを斜めにならないようにまっすぐキープするのがポイントです。

首ストレッチ

まず、後頭部に両手にタオルを持って張り、頭を後方に傾けて10秒間キープします。
次に、息を吐きながら頭部の重みにより下げて、目線をお腹の方へ持っていき10秒間キープするのです。
ストレッチをする際には、緊張している筋肉を緩めるて首の力を抜くようにしましょう。

まとめ

スマホ姿勢で起きるトラブルには、「スマホ首」「スマホ巻き肩」などが挙げられます。
スマホ姿勢を改善するためには、日々のストレッチを取り入れて筋肉をほぐすことが大切です。
『整体 ポレポレ』では、首の痛みや肩こりに悩んでいる方におすすめのメニューをご用意しております。