顎関節症になる原因とは?

顎関節症は、どんな原因でなるのでしょうか。
口が開けにくかったり、痛みを感じたりする方もいらっしゃるかもしれませんね。
今回は、顎関節症になる原因について解説します。

顎関節症の症状

顎関節症は、生涯で半数の方がなると言われています。
次のような症状が見られ、他に原因となる病気がない場合は、顎関節症と診断されますよ。

・食べ物を噛むときに、あごに痛みや違和感を感じる
・「カックン」など、口を開いたり閉じたりするときに音がする
・あごを動かすと痛い
・口が開けにくい
・あごが外れることがある

原因

顎関節症になる原因には、ストレスや食いしばり、歯ぎしりなどがあります。
歯の施術後にかみ合わせが悪くなったり、左右のどちらかばかりの歯で噛む癖がある方もなりやすいでしょう。
また、ほおづえをついたり、うつ伏せで寝たりするのも原因の1つです。

対処法

日常的にする癖がある方は、まずは意識して止めましょう。
適度な運動を心がけ、同じ姿勢が長く続かないようにすることも大切です。
ストレスを感じたときに、無意識に歯を食いしばっている方がいます。

上の歯と下の歯は、普段はくっついていない状態が理想です。
歯と歯の間は、少しすきまを開けた状態で、日常生活を過ごすように意識しましょう。
あごに痛みがあるときは、噛みやすい物を食べるといいですよ。

まとめ

顎関節症の原因には、ストレスや食いしばり、歯ぎしりなどがあります。
同じ方の歯ばかりで噛んでいたり、うつぶせ寝をしたりする方は、意識して行動を変えてみましょう。
整体 ポレポレでは、低刺激な施術を行っているので、安心して受けていただけます。